病棟

女性がかかる病気

女性

がんの中でも女性が発症する可能性が極めて高いのが子宮頸がんで、子宮がんのうちの8割が子宮頸がんと言われています。発見した時には、骨盤や肺への転移も疑っておくのが良いでしょう。

詳細を確認する...

胸にできるがん

胸元

胸のあたりにできるのが乳がんで、主に女性が発症するがんとなっています。乳がんの場合セルフチェックでがんの有無を確かめることもできるので、早期発見が実現できます。

詳細を確認する...

早期発見であれば完治可能

女性

がんの中でも進行が極めて遅く、転移もしにくいのが大腸がんです。一度腫瘍を摘出すれば完治する可能性も高いがんではありますが、肝臓などに転移する可能性もあるので注意が必要です。

詳細を確認する...

発見は早い方が良い

日本人に多く発生する

医者

日本人が抱える病気の中でも最も多いと言われるようになっているのががんで、一箇所にできる病気ではなく直ぐに転移をしてしまうので、すい臓がんや子宮頸がん、乳がんや大腸がんなど様々ながんがあり、身体のどの臓器でも発生するものとなっています。がんの場合、潜伏期間もあると言われており、初期段階では良性の腫瘍と診断されても、時間が経つと悪性に代わりがんへと変異していたというケースも少なくありません。がんの原因は人によって違いますが、遺伝が原因と言われることもあります。しかし、ほとんどの場合は普段の生活週間や身体に合っていない食べ物を食べ続けた時などに発生しやすいと言えるでしょう。また、生活習慣の違いによって、がんが発生する身体の臓器も違ってくるので注意が必要です。

治療方法は様々

がんは転移しやすいことで知られていますが、最初に発生した臓器によって転移のしやすさが違ってきます。中でも非常に転移しやすいと言われているのがすい臓がんで、肺や胃、腹膜などに転移すると言われています。加えて、すい臓は身体の臓器の中でも極めて小さいので発見しにくいのも特徴です。すい臓にがんの腫瘍ができた場合もしばらくはこれと言った症状が出ない場合も多いので、定期的に検診を受ける、かかりつけ医を見つけておくなどして、異変に気づいた時にはすぐに対応できる状況にしておくのが良いでしょう。すい臓がんに限らず、その他のがんも転移は起こり得るので、検診や診断は非常に重要です。がんにかかってしまった場合、多くの人が治らないと絶望的になる場合がありますが、がんの治療方法は年々増えており、医療技術も上がっているので、まずは完治させる強い気持ちを持って治療を進めていくことが大切です。